ひとりふらふら日記

V6とKinKiとSnowMan

さっくんに『ビューティフル・サンデイ』のヒロをやってほしい!

このあいだ、動画で久しぶりに「演技者。」の『ビューティフル・サンデイ』を観てました。

 
私、健ちゃんの『ビューティフル・サンデイ』が大好きで(´;ω;`)
 
1話〜4話(全4話)まで一気に観ました!
本当にあの物語はステキな終わり方をしてますよね。
 
 
 
健ちゃんは、HIVに感染したゲイの美大「ヒロ」を演じます。
 
そして鶴見辰吾さんが、ヒロの恋人(?)で同棲者である「アキヒコ」を演じています。
 
二人は一緒に暮らしていたのですが、ある日アキヒコがベッドで目を覚ますと隣には見知らぬ女性が!
 
彼女は昔そこに住んでいた住人ちひろ
西田尚美さんが演じます。
 
 
 
この3人のお話(たまにアキヒコの母が出てきます)なのですが、ホッと笑えるところやポロリと涙する場面など、本当に深い感情が次々に溢れ出してくる作品ですね。
 
たった1日の出来事を舞台にしているのですが、「それぞれが抱えている悩みにそれぞれが向き合って、新たに一歩進もうとする」という「美しい日曜日」を描いています。
 
 
 
 
で!!
 
ヒロがすごく良くて。
 
 
 
「アキヒコはゲイじゃない。そして、大好きなアキヒコにいつまでも迷惑をかけていたくない…。家を出よう」というせつない思いを抱いたまま、二人に明るく朗らかに接するんですよね〜。
 
本当はアキヒコにたくさん甘えたいし、ずっと一緒にいたい。でもエイズである自分が面倒をかけているかもしれないんだ……。
 
と、心の内では考えてるわけですよ!(涙)
 
 
ちひろの言葉もあり、ラストは二人で新居に暮らす約束をして落ち着きますが、そこに至るまでのセリフやら表情やらがせつなすぎる。そして痛いほどにリアル!
 
 
この役をさっくんがやってくれたらなぁ〜〜と常々思っております。
 
似合うと思うんですよ。ほんとうに。
 
 
明るく朗らかで無邪気。
でも、ちょっとヤキモチ妬きの寂しがり屋さん。
 
ゲイであるがゆえのせつない気持ちと、
HIV感染者であるがゆえの悲しい気持ち。
(こういう深い感情を抱いてる人の役が見たい)
 
さっくんver.でも観てみたいんだよ〜!
 
 
『ビューティフル・サンデイ』はたくさん舞台で披露されている作品で、桐山照史くんもやりましたよね!
 
 
だから今度は、もう一回ドラマ化しましょうよ!
「4夜連続」みたいな感じで(o^^o)
 
キャストは……
 
アキヒコ・・袴田吉彦さん
アキヒコの母・・銀粉蝶さん(引き続きお願いします!)
 
という感じはいかがでしょうか?
 
 
ヒロを演じるにあたり、さっくんは健ちゃんからいろいろ伝授してもらうわけですよ。
 
「あのとき僕はこういう気持ちで演じたんだよ」って健ちゃんが語って、
 
「そうか。この役はこういう気持ちで向き合わなきゃいけないんだな」とさっくんは思う。
 
 
あぁーこのやりとりが見たい。
 
そして、自分なりの「ヒロ」を見つけてさっくんは演じるんですよ〜(´;ω;`)♡
 
 
 
…妄想で楽しみましょう(笑)。
 
金髪でもイケるのですが、やはり雰囲気的に黒髪かなと。
 
 
↓はJr.チャンネルの画像ですが、このときの感じがぴったりかな?と思ったので貼っておきます♡