「大人な三宅健」を伝えたい

 

38年間生きてきた人間としての「深み」がある。

 

 

最近、健ちゃんを見ていてこのように感じます。

「もう38なの?!」と驚愕するほどの美貌と無邪気さをこの人はもっていますが、

その隙間からのぞく「大人の落ち着き」に、私は気が付いてしまった……!

 

うーん。なんて言えばいいのだろう。

「若々しさや無邪気さも健ちゃんの個性として存在しているのだが、これにプラスして『大人の落ち着き』もにじみ出てきた」という感じですかね。

 

ちょっとしたときのしゃべり方とか何でもない表情が、今までと違う。

(と、私は感じる)

 

「あぁ。健ちゃんもなんだかんだ言って大人なんだな」としみじみ。

……冷静に考えればそうなんですけどね(笑)

考えていなかったんですよ私。

健ちゃんはいつまでも健ちゃんなんだろうなーって変な確信をもっていました(笑)

 

そんなふうに思わせておいてチラッチラッと「人間の深み」を醸し出すんだから

罪な男だよなぁ。

さらに好きになっちゃうよねぇ。

 

でも、「人間の深み」が漂っていることに本人は気づいていない。

たぶん、わかっていない。

ま、そこが良いんですけどね。

 

もちろん、「そろそろ落ち着かなきゃな」みたいなことは本人も考えていると思いますよ?

でも、私が言いたいのはそういうことじゃなくて……。

 

 

「今の健ちゃんは、長い人生を歩んできた顔をしている」

 

 

そうなんだよ。これなんだよ。

どことなく自然な表情をしていて、どことなく悠然とした雰囲気をまとっているんだよなぁ~~。

もちろん、そのときの気分や体調などで表情・雰囲気は違いますが、全体的に上のオレンジなんですよね。

 

しかも!

この新たな魅力が新たな「ギャップ」として新たな可能性を生み出している!!

 

仔犬のようにキャッキャキャッキャしてた三宅健が、ふとした瞬間にフワッと大人になるんですよ?

「おっ?」となりますよね。うん。

このときの気持ちとしては、「キュン」というより「キュッ」って感じです。

何とも言えない気持ちですねぇ。

(もちろん良い意味で)

これからどんな人間になっていくのどろう?と想像がふくらむし、なんか、よくわからないけど、いろんな可能性とかも広がりそうじゃないですか!

 

……だめだ、眠くなってきた。

だんだん何を言っているのか分からなくなってきたぞ。

健ちゃんの魅力をしっかり伝えたかったのに(涙)

ということで、ここで終わります。

 

f:id:k3v6:20170826013848j:plain

 

 

だから、もっと「大人としての三宅健」を出していってもよいのでは?と私は思っています(^-^)